写真家が巡る深川住吉ムービー

スペシャルコンテンツ

夕陽
写真家・鵜川さんが旅の最後に訪れたのは、小名木川にかかるクローバー橋。
そこで待っていたのは、まっすぐに伸びた川と夕陽の絶景。
写真家が見た街の素顔とは?
  • 大西 みつぐ

    1952年、東京都江東区深川生まれ。東京の下町や湾岸地区のニュータウンなどを中心に、そこに住む人々の生活をスナップ撮影することを得意とする。また、早くからデジタルカメラやウェブでの写真の発表など実験的な表現も行う。ニッコールクラブ顧問、日本写真家協会会員、大阪芸術大学客員教授。

  • 鵜川 真由子

    株式会社松濤スタジオを退社後、アシスタントを経て独立・広告や雑誌などでポートレイトを中心に活動するかたわら作品制作を続けている。またアパレルメーカーとのコラボ展の企画やTV出演など、写真を通じて幅広く表現活動を行っている。

映像バックナンバー&深川住吉写真集

REQUEST もっと詳しい内容をお知りになりたい方は、来場予約もしくは資料をご請求ください。

ページの先頭へ戻る