元町エリア|ジオ神戸中山手通

MOTOMACHI AREA

生活圏に元町がある歓びは、
暮らすほどに深まる。

大丸神戸店や神戸元町通商店街、南京町、旧居留地など、
神戸の魅力がつまった元町周辺も生活圏内に。
歩くだけでこの地が受け継いできた品と風情に包まれる。
ファッション、カルチャー、アート、グルメ…。元町に楽しみは尽きない。
多くの人が訪れる街をまるで庭のように楽しむことができるのも、
このエリアに住まう魅力のひとつ。

DAIMARU KOBE

大丸神戸店

大丸神戸店(徒歩19分/約1,480m)

住所/中央区明石町40  電話/078-331-8121 営業時間/10:00~20:00、[9・10階レストラン街]11:00~21:00 休み/ 1月1日(元日)

神戸ファッションを牽引する
伝統と洗練の百貨店。

本館、旧居留地38番館の他、周辺にも多数の店舗を構え、ブロックごとにジャンルの異なるファッション・文化・日用雑貨などを提供している。御影石、コリドール、ガス灯など近代洋風建築の意匠を備えた重厚感ある百貨店の建物は、街のランドマーク的存在。

NANKINMACHI

南京町商店街

南京町商店街(徒歩15分/約1,190m)

住所/中央区栄町通1~2、元町通1~2  電話/078-332-2896(南京町商店街振興組合) 営業時間・休み/店舗によって異なる

異国情緒の
賑わいを楽しめる中華街。

日本三大中華街のひとつ。豚まんや小籠包、餃子など約70以上の店が軒を連ね、本格的な中華グルメの食べ比べが楽しめる。散策するだけで異国を訪れたような気分に。中心部にある南京町広場では季節ごとにさまざまなイベントが開催されている。

KOBE MOTOMACHI

神戸元町商店街

神戸元町商店街 (徒歩12分/約900m)

住所/中央区元町通3-13-1 協和会館(事務局) 電話/078-391-0831 営業時間・休み/店舗によって異なる

140年を越える歴史とともに
神戸らしさを
満喫できる商店街。

神戸らしさを満喫できる都心、それが神戸元町商店街。1874年に「元町通り」の布告とともに誕生して以来、長きにわたり地元市民や多くの来街者に親しまれ愛されてきた商店街。全長1.2㎞に創業100年を超える老舗から新規店まで約300店舗が集い、お買い物や飲食が楽しめます。

神戸元町商店街
年間を通じて様々な
イベントが楽しめる商店街。

神戸元町商店街では、年間を通して様々なイベントが開催され、賑わいのある都心商店街。ファッションショーや地域に根差した行事など様々なイベントを開催。春は「児童絵画コンクール展」、夏は35年以上続く都心のお祭り「元町夜市」、秋は「ハロウィン」、「もとまちワインアベニュー」、そしてクリスマス、お正月を過ぎると隣の南京町で「春節祭」と、家族やお友達と一緒に楽しめる催しがいっぱい。

GOURMET GUIDE

1

伊藤グリル(徒歩18分/約1,380m)

伊藤グリル

伊藤グリル

伊藤グリル

伊藤グリル

100年の時を越えて出会う、
洋食屋のビーフシチュー。

1923年創業の老舗洋食屋。船のコックとしてヨーロッパを駆け回っていた初代オーナーから引き継ぐビーフシチューは、時代を越えて愛される味。神戸ビーフ本来の味を楽しめる炭火焼ステーキも人気。レトロな雰囲気漂う上質な店内で、おいしいひとときを。

住所/中央区元町通1-6-6 電話/078-331-2818 営業時間/11:30〜14:00(L.O.)、 17:30〜20:30(L.O.) 休み/水曜

2

神戸凮月堂[本店](徒歩15分/約1,140m)

神戸凮月堂

神戸凮月堂

神戸凮月堂

神戸凮月堂

創業120年、お菓子を通して
育んできた神戸のスイーツ文化。

銘菓ゴーフルは大正末期、当時の職人が和菓子作りの伝統と洋菓子作りの精神で試作研究に取り組み、1927年に完成した歴史ある洋菓子。創業120年を迎えた神戸凮月堂は現在、目の前でスイーツをつくるカフェ、多彩なメニューを取り揃えたレストランを併設。

住所/中央区元町通3-3-10 電話/078-321-5598 営業時間/[菓子販売]10:00~19:00、[サロン・ド・テ]11:00~18:30(L.O. 18:00)、[レストラン]11:00~19:00(L.O. 18:00)、[神戸凮月堂ミュージアム]11:00~13:00、14:00~17:00 休み/[菓子販売]無休(1月1日のみ休み)、[サロン・ド・テ]月曜、[レストラン]火曜、[神戸凮月堂ミュージアム]水曜

3

放香堂加琲(徒歩15分/約1,160m)

放香堂加琲

放香堂加琲

放香堂加琲

放香堂加琲

日本最古の加琲店だから
味わえるコクとまろやかさ。

歴史の教科書でも紹介される日本最古の加琲店。1878年、京都の茶農家がお茶の輸出を行うために神戸に出店したのがはじまり。当時の味そのままの明治復刻珈琲「麟太郎」はインド産の豆を石臼で挽いている。そのコクとまろやかさは飲む価値あり。

住所/中央区元町通3-10-6 電話/078-321-5454 営業時間/10:00~19:00 休み/水曜

4

本高砂屋[神戸元町本店](徒歩15分/約1,160m)

本高砂屋

本高砂屋

本高砂屋

時代を越えて愛される、
和洋の甘美を味わうひととき。

店頭でつくる元祖「高砂きんつば」、さくっとした食感にやさしい甘さが広がる「エコルセ」など、和洋菓子の両分野に神戸の銘菓を生み出した1877年創業の老舗。和菓子館と洋菓子館が隣接しており、店内には喫茶コーナーもあり、贈り物にも嬉しい菓子が充実。

住所/中央区元町通3-2-11 電話/078-331-7367 営業時間/10:00〜19:00 休み/1月1日(元日)

5

洋食の朝日(徒歩9分/約720m)

洋食の朝日

洋食の朝日

洋食の朝日

洋食の朝日

行列のできる洋食屋で、
ボリューム満点のビーフカツを。

1961年に大阪で創業した洋食屋。一番人気はビーフカツ。分厚い見た目からは想像できないやわらかさとジューシーさが人気の理由。サラダとパスタがつき、さらにご飯はおかわり自由とボリューム満点。ポークチャップもおすすめ。

住所/中央区下山手通8-7-7 電話/078-341-5117 営業時間/11:00~15:00 休み/土曜・日曜

6

花隈 佐々木(徒歩12分/約950m)

花隈 佐々木

花隈 佐々木

花隈 佐々木

こだわりの懐石料理を心ゆくまで
ゆったりと味わう。

ホテルや割烹で修行した店主が、閑静な花隈の一角に店を構えて3年。旬の素材を使用した新鮮な一品をお届けする日本料理を、ゆったりと味わえる。ランチのコースは2,500円から、夜は5,000円から。10名以上のご利用で貸し切りとなるため、大切な集まりにも。

住所/中央区花隈町5-21花隈ダイヤハイツ1階 電話/ 078-341-7778 営業時間/ 11:30〜13:30、17:00〜21:00 休み/月曜・第3日曜

7

亀井堂総本店(徒歩12分/約960m)

亀井堂総本店

亀井堂総本店

亀井堂総本店

1873年創業、神戸スイーツの
原点ともいえる瓦せんべい。

神戸名物・瓦せんべいの元祖といえば亀井堂総本店。元町とともに歩み創業140年以上の歴史を誇る和菓子店。洋菓子の基本材料でつくられる瓦せんべいはまさに神戸スイーツの原点。焼印や缶、箱で制作するオリジナルせんべいも注文可能。ぜひ贈答用に。

住所/中央区元町通6-3-17 電話/078-351-0001 営業時間/9:00〜19:00 休み/ 無休

※掲載の内容は2017年7月・11月現在の内容で今後変更になる場合がございます。(施設内の店舗の営業時間、ラストオーダー等は各店舗により異なる場合があります。)※掲載の写真は2017年4月・7月・10月に撮影されたものです。※掲載の徒歩分数は1分=80mで算出し、端数は切り上げております。距離はすべて「ジオ神戸中山手通」からの概算になります。※地図内の施設名称・内容は2017年7月調べのもので、変更になる場合があります。

神戸中山手通STYLE