ジオグランデ元麻布

ジオグランデ元麻布

六本木を掌中にして、静穏なる日常を叶える地。

-INFORMATION-

コンセプトルーム案内会開催中<完全予約制>
来場予約 RESERVE
SCROLL DOWN ICON
六本木ヒルズ周辺の街並/現地より約360m(平成28年6月撮影)

六本木ヒルズを間近にして、普段使いできる贅沢。陽光のけやき坂を散策し、夕べに明かりが煌めくビルを仰ぐ。六本木が日常のワンシーンとなる地、元麻布。都心の特別な時間を享受する生き方が、ここから始まる。

六本木けやき坂/現地より約360m(平成28年6月撮影)

都市の煌めきがもたらすもの。

先端である、中心である。東京の“いま”を体感し、都市が放つ煌めきの中を軽やかに行き来する。そこは隣り合う六本木を日常とする地、元麻布。都心の特別な時間を享受する生き方が、ここから始まる。

外観完成予想CG・眺望写真
パース 外観完成予想CG

建築家・隈研吾氏による元麻布の新たなる作品。

土地の持つ意志の継承を目指して、日本の伝統美に造形が深く、それに現代的なアレンジを施すことに長けた建築家・隈研吾氏を招聘。元麻布という土地が発する声を聴き、それを次代に向けて継承していく。内に静謐と心地よさを醸しつつ、外に向けて発信性のある邸を描き出す。

壁面及び床面の素材
©PEY INADA
エントランスアプローチ完成予想CG
ラウンジ完成予想CG

人生のときを愛おしむ品格あふれ清新な佇まい

新進である、伝統的でもある。雅と粋を纏とったシンプルで品格あふれる設えは、思いのまま心の箍をゆるめやすらげる、人生のときを愛おしむにふさわしい総戸数19戸の邸宅。大きな開口部からふりそそぐまばゆい光が室内の美しいディテールに物語のような陰影を映す。平均面積100m²超、最新の設備機器と導線が計算された大容量収納がもたらす、凛とするほどに清新な佇まい。

  • 周辺の街並(約150m)(平成27年11月撮影)
  • 元麻布・現地周辺の街並/現地より約630m(平成28年6月撮影)
有栖川宮記念公園/現地より約530m(平成27年11月撮影)

日本的である。世界的でもある。

かつて広大な大名屋敷地や、武家屋敷が連なり、江戸時代から山手の暮らしが育まれた場所。いまは各国大使館が元麻布やその周辺に点在し、人に街にインターナショナルな雰囲気が漂う。