公式|事業主|ジオ福島野田 The Marks|阪急不動産|阪神本線「野田」駅徒歩4分の新築分譲マンション

BRAND

事業主

平成29年3月撮影(一部CG加工を施しています)

阪急不動産

阪急阪神ホールディングスグループの
住宅デベロッパーとして、
住宅事業開始以来の
豊富な経験と
ノウハウを活かし、お客様の
幅広いニーズにお応えしていきます。

私たちが住まいをつくる上で重視しているのは、
街づくりの視点・発想を持つということ。
永住にふさわしい土地を厳選し、土地の風土や
歴史から、あるべき姿を読み取り、

土地のポテンシャルを最大限に引き出す住まいを
私たちは考え続けていきます。
これまでに<ジオ>が完成した戸数は、阪急沿線を中心に
約19,400戸(2017年4月時点)にのぼります。

  • ジオ新町(2014年6月竣工)

    ジオ新町
    (2014年6月竣工)

  • ジオタワー高槻ミューズガーデン(2014年12月竣工)

    ジオタワー高槻ミューズガーデン
    (2014年12月竣工)

  • ジオ阪急洛西口 ノースレジデンス(2016年3月竣工)

    ジオ阪急洛西口 ノースレジデンス
    (2016年3月竣工)

阪神電車

阪神沿線を中心に、魅力溢れる都市環境の創造と
快適な住空間の提供に取り組んでいます。

沿線及びその周辺地域を中心に、賃貸、販売などの
事業を展開しています。
梅田1丁目1番地計画は、当社が保有し阪神百貨店が
入居する大阪神ビルディングと、
阪急電鉄株式会社が
保有する新阪急ビルを、当社と阪急電鉄が一体的に
建て替え、周辺公共施設整備を一体的に行う
計画で、平成34(2022)年の竣工を目指しています。
今後も、不動産事業に関する高度なノウハウを
生かして、沿線価値、事業価値の更なる向上を
図っていく方針です。

  • ハービスOSAKA(1997年3月竣工)

    ハービスOSAKA
    (1997年3月竣工)

  • 梅田1丁目1番地計画(2020年竣工予定)

    梅田1丁目1番地計画
    (2022年竣工予定)

住友商事

総合商社の総合力と、

一気通貫によるこだわりが生み出す、

住友商事のものづくり。

住友商事の歴史は、不動産事業から始まりました。
1964年に関西圏で民間初の分譲マンション
「メゾン西宮」を供給して以降、
総合商社の
ネットワークを生かし、着実に「ものづくり」の
ノウハウと実績を積み上げています。
オリジナルマンションブランド「クラッシィ」
シリーズは、「機能と美の融合」をコンセプトに

人と住まいの豊かな関係を提案、
快適で心躍る暮らしの基盤づくりを推進します。

  • ザ・千里レジデンス(2011年3月竣工)

    ザ・千里レジデンス
    (2011年3月竣工)

  • クラッシィタワー南船場(2015年6月竣工)

    クラッシィタワー南船場
    (2015年6月竣工)

  • クラッシィタワー淀屋橋(2016年2月竣工)

    クラッシィタワー淀屋橋
    (2016年2月竣工)

モデルルーム公開中

2タイプのモデルルームがご覧いただけます。
《予約優先制》満席によりご案内できない場合がございますので
事前にお電話にてご予約いただきますようお願いいたします。

  • 資料請求

  • マンションサロン案内図

Copyright © Hankyu Realty Co., Ltd. All Rights Reserved.