POLICYのトップへ戻る

メイン写真

geo

未来のライフスタイルに適応した
快適な暮らし方のご提案。<ジオ シェア スタイル>

様々な「暮らし」の変化に応えるために
<ジオ>ができること。

お客さま部 源田剛史

メイン写真

様々な「暮らし」の変化に応えるために
<ジオ>ができること。

ディベロッパーの役目として、今求められることだけでなく未来のライフスタイル・価値観や環境の変化に対応した新しい住まい方をご提案していくことが必要ではないかと思います。そのような視点から社会の変化を捉えると、この数年で世界は勿論、日本でも物事を個人だけで所有せずに共有する「シェアリングエコノミー」が普及し始めていることに新しい住まい方のヒントがあるように見えました。

そこで、当社では「シェア」という概念を核として「未来における究極の居住スタイル」を思い描いてみたのが、個人のライフスタイルに応じた最適な環境に居住する<ジオ ビレッジ>構想です。

※個人や企業の保有物やスキルを他者に貸借・交換するサービス

メイン写真

<ジオ>が考える、未来の居住スタイル
<ジオ ビレッジ>構想。

<ジオ ビレッジ>構想とは、居住スペースをただ購入する従来の考え方ではなく、「所有」から「シェア」へと広がっていく未来の価値観を捉えた、新しいコンセプトハウスです。

<ジオ ビレッジ>の居住者は、最小単位の居住ユニットを購入していただき、そのユニット丸ごと自分の好きな<ジオ>に転居します。“海ビレッジ” “山ビレッジ” “街ビレッジ” などテーマ性の高い多彩なエリアが存在し、夏は海の近くに住み冬は山あいに住み、そこで家族や友人と海釣りやウインタースポーツを楽しむなど、〝空間・経験・モノ〟を全て「シェア」する。

モノや条件に縛られることなく、ご自身のライフスタイルに適した環境を何度でも選ぶことができる、未来にはそんな住まい方が創造できるのではないかと考えています。

メイン写真

<ジオ シェア スタイル>で、
暮らしが豊かに広がります。

<ジオ ビレッジ>構想は、未来を想像したライフスタイルコンセプトですが、集合住宅の大きな特徴である「集まって住む」ことのメリットをより活かすため、現在実現できることを、この度<ジオ シェア スタイル>としてご提案しています。

新しく始める趣味のためや、たまに使う時のためにわざわざ購入するのもお金がもったいない、置いておくスペースがない、時間が足りない。そんな日々起こりうる悩みを解決し、<ジオ>でのライフスタイルをより豊かに快適にしていただくために、様々な趣味や用途に合わせた物をご入居者様同士で共同利用するサービスです。

メイン写真

<ジオ>での新しい過ごし方が
始まります。

まずは566邸のビッグコミュニティとなる「ジオ福島野田The Marks」で<ジオ シェア スタイル>が採用されています。この物件では、数年に1回の海外旅行のために使う大きなスーツケースや、週末のバーベキューなど、「たまに」のためにあると便利で毎日が楽しくなる物をシェアする予定です。

「ジオ福島野田The Marks」を皮切りに、今後も様々な年齢層やライフスタイルを持つご入居者様が、<ジオ>に住むことで新しい価値を感じていただけるサービスの創造・導入を進めてまいります。

阪急不動産 <ジオ>のご紹介 阪急不動産 <ジオ>のご紹介