POLICYのトップへ戻る

メイン写真

geo

ご入居者様の豊かな暮らしと
未来の価値をともに守る。

いつまでもお客様に
感動と満足をお届けすること。

株式会社阪急ハウジングサポート 奥 裕光

メイン写真

ご入居者様に常に寄り添うサポートで
快適な暮らしを支える。

マンション管理組合の運営補助などを中心とした、ご入居者様をサポートするフロント業務が私の仕事です。

具体的には、管理組合の理事会や総会の準備、その話し合いに必要なデータや資料のご提供などが主な内容です。

また、ご入居者様に快適な生活を送っていただけるよう、共用部や専有部の設備に関するお問い合わせへのご対応もおこなっています。

それに加えて、マンションの長期修繕計画のご提案をおこなうのも大切な業務であり、軽微な修繕には即対応していますが、マンション管理を長い目で見た場合、大規模な修繕をプランニングする長期修繕計画が欠かせないと思っています。

※写真はイメージです

メイン写真

すべては、資産価値を高めるために。

ご入居者様にとってマンションは、住まいであると同時に「資産」です。

<ジオ>ブランドを選んでいただいたお客様にとって、資産価値の維持・向上は大切なポイントです。

そのためには、適切な長期修繕計画によって、建物の経年劣化の速度をゆるやかにすることが重要です。

例えば、マンション外壁の大規模修繕により生まれ変わらせることで、壁がはがれて落下するといった事故を未然に防ぐことができますし、また、見た目の価値を保つという点でも効果的です。

メイン写真

すべては、資産価値を高めるために。

以前、外壁の色を変えてスタイリッシュな外観にする修繕提案をし、ご入居者様に合意をいただいた上で、実施したことがあります。

その結果、マンションのご入居者様はもちろんのこと、マンション周辺にお住まいの方々から「お宅のマンション、いい雰囲気になったね」と高く評価していただいたことがありました。

エントランスへのスロープ設置や、最新型メールボックスへの置き換えなども、上質な住まいを保つための修繕です。築年数が経っても住みやすいマンションであり続けるよう、住民の方々のお声に耳を傾けながら、最新設備の導入などのご提案もしています。

※写真はイメージです

メイン写真

マンションの実態に合わせた
長期修繕計画をご提案。

長期修繕計画は、マンション販売の時期に立てられますが、将来にわたって住まいの資産価値を維持するためには、この計画を随時見直し、実態に合ったものへとマンション毎に更に深く作り込んでいくことが重要です。

多くのマンションでは、新築から10年後に大規模修繕をおこなう計画を立てています。しかし、建物の状況や資金とのバランスを見ながら、いつ、どのタイミングで修繕をおこなうのが最善かを見極め、理事の皆様にご提案するのが私たちの役目です。

当初の長期修繕計画に従うのではなく、ご入居者様のニーズをしっかりと把握しマンションの実態に即したものに更新していくことが肝要だと思っています。

メイン写真

<ジオ>を知り尽くしている私たちだからできること。

フロント業務に携わって17年。私が最も大切にしていることは、お客様に信頼していただくことです。少しでもよいご提案ができるよう、最新のマンション設備や修繕に関する勉強を欠かさないようにしています。

理事の方々や居住者の皆様と関わらせていただくのも、私にとって大きな学びの機会です。さまざまな方に接することで、新たな視点を持つこともあります。

私たちの強みは、地域に根差した会社であるところです。<ジオ>が大切にしている「街の価値が向上するような住まいづくり」に向けて、その地域に合ったマンション管理の運営、修繕計画のご提案をするよう心掛けています。

今後は、フロント業務から建設工事にまで事業の幅を広げ、「マンション管理のことなら阪急ハウジングサポートに頼めば、安心できる」と思っていただける体制を整えていきます。<ジオ>を知り尽くしている私たちだから、それができると思っています。

阪急不動産 <ジオ>のご紹介 阪急不動産 <ジオ>のご紹介